ぼくらクマ~ず

クマに征服された我が家の記録

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

バイク練のはずがジョット展 

20081109081425.jpg

8日はバイク練の予定いが、出掛け際に雨が降ってきてしまったので、中止!

という事で、急遽ジョット展を観に行ってきました。

ジョット・ディ・ボンドーネは西洋絵画の父と言われ、後のミケランジェロやダ・ウ゛ィンチに大きく影響を与えたとか。

代表作はイタリアのアッシジにある、サン・フランチェスコ聖堂の壁面で、世界遺産に指定されていますね。

繊細な感情と立体的な肉体の人間像で、三次元的な物語空間を生み出したそうですが、子ども(マリアに抱かれるキリスト)の顔が小さなおじさんのようで、少し怖く、クマ~ずにはそれが印象的なんです…

開催されていたのは、新宿にある損保ジャパン東郷青児美術館。
建物前はよく通ってましたが、入るのは初めて!

常設展には東郷青児のあの美人絵や、ゴッホのひまわり、モネにゴーギャンと、これまた素晴らしい作品が並んでいるので、圧倒されました。チケット一枚で二度楽しめましたよ。

写真は1Fロビーに置かれた、東郷青児の彫刻「遠くへ行きたい」です。
クマ~ずの気持ちも正にこれ!
観るとすぐに影響されちゃいます♪

*orsetto*
スポンサーサイト
文化部  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jai3.blog117.fc2.com/tb.php/330-1aa25595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。